« カジノ | トップページ | EU大統領 »

2009年11月23日 (月)

ハンド

来年のサッカー・ワールドカップの最終予選で、フランスとアイルランドの一戦で決勝点となったフランスのアンリ選手のアシストが、ハンドの反則ではなかったかという疑惑がクローズアップしています。

さまざまな角度から写した録画を見る限り、疑惑というよりは、審判のミスジャッジの可能性が高いようです。アンリ選手自身が試合後審判に反則を認めているというニュースを、テレビでは伝えていました。

しかし試合が終わってからでは、後の祭りです。アイルランド・サッカー協会は、FIFAに要求していた再試合を断念するとも伝えられます。

たかがサッカーではありますが、フランスとアイルランドの外交関係に発展するかもしれないというのですから、穏やかではありません。

前回のワールドカップでは、ジダン選手の活躍で準優勝を飾ったフランスが、最終戦まで予選通過を決められなかったことにも遠因はあるのでしょう。

マラドーナの「神の手」事件は、あまりにも有名で、いまでも話題になります。この第二の「神の手」事件は、アイルランドでは「悪魔の手」と呼ばれることでしょう。

« カジノ | トップページ | EU大統領 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カジノ | トップページ | EU大統領 »

無料ブログはココログ