« 大義なき時代 | トップページ | 上海万博 »

2010年4月27日 (火)

3D

D映画の評判がいいと思ったら、3Dのテレビが売り出されたようです。新しい技術についていけないのは、老化のバロメーターかと思いますが、正直言って今のところあまり買いたいとは思いません。

大型テレビがこれほど受け入れられるとは予想しなかった僕ですので、自信はありませんが、映画と違って、テレビとしては受け入れられるにはかなり時間がかかるように考えています。

今後どれだけの技術の進歩があるかも予想できませんが、テレビで毎日毎日迫力ある映像と見たいと思うかどうかに、まず疑問があります。子供には長時間見せないようにと言わなければならないのは、日常生活の必需品となったテレビには、必要以上の迫力と言えるように思われます。

映画やドラマをほとんど見ない、ニュース番組偏重の老人のたわ言にすぎませんが。

« 大義なき時代 | トップページ | 上海万博 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3D:

« 大義なき時代 | トップページ | 上海万博 »

無料ブログはココログ