« エアバッグの事故 | トップページ | 止まらぬ円安 »

2014年12月 9日 (火)

Jリーグチャンピオン

7日のサッカーJリーグ最終戦で、ガンバ大阪が徳島ヴォルティスと引き分け、勝ち点で浦和レッズを上回って、今年のJリーグチャンピオンになりました。後半戦のガンバ大阪は好調そのもので快進撃を続け、あれよあれよという間に上位に躍り出ました、特にファンと言うわけでもありませんが、地元大阪のチームでもあり、ときどき注目して見ていました。

一方徳島ヴォルティスは、今年昇格したばかりというチームで、僕がちょっと見た限りでは、動きはJリーグ強豪チームには対抗する力はまだないように見受けました。ところが試合になってみると、徳島の動きは鋭く、ガンバは優勝を意識してか動きがかたく、互角の戦いとなりました。サッカーはやってみないと分からない。

« エアバッグの事故 | トップページ | 止まらぬ円安 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エアバッグの事故 | トップページ | 止まらぬ円安 »

無料ブログはココログ