« 政治不信 | トップページ | 説明責任 »

2024年3月 9日 (土)

ウクライナ和平

ロシアのウクライナ侵攻も2年が経ちました。ウクライナが健闘して侵攻を食い止めてきましたが、武器弾薬の不足は否定しがたく、苦戦を強いられているようです。戦意に疑問があるとはいえ兵力に余裕があるのはロシアだと思えば、ウクライナは忍耐を迫られるでしょう。2年間で民間の犠牲も甚大であることを思えば。和平を考えるときも迫っているのではないでしょうか。

今は亡きキッシンジャーは「ロシアが占領している地域を基本として停戦ラインをひき、ウクライナの安全をNATO加盟で保証する」ことを骨子とする案を提案しました。流石に先を見た提案だったと思いますが、付け加えうるならば「ロシアが占領した地域は100年間の借款とする」という条件は付け加えられないものでしょうか。時間を区切ることで多いとされるロシア系住民がロシア領内に移住する余裕もできるでしょう。

« 政治不信 | トップページ | 説明責任 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この様な書込大変失礼致します。日本も当事国となる台湾有事を前に 日本の国防を妨げる国内の反日の危険性が共有される事を願い書込ませて頂きます。

今や報道は無法国の代弁者となり、日本の国益は悪に印象操作、反日帰化の多い野党や中韓の悪事は報じない自由で日本人の知る権利を阻む異常な状態です。

世論誘導が生んだ民主党政権、中韓を利す為の超円高誘導で日本企業や経済は衰退する中、技術を韓国に渡さぬJAXAを恫喝し予算削減、3万もの機密漏洩など数知れぬ韓国への利益誘導の為に働きました。

当時の売国法に未だ後遺症を残し、今も内から中韓化侵略が進む中、再びメディアに踊らされ国を失わぬ為に、各党の方向性を見極め、改憲始め国の強化と成長が不可欠です。
しかし必要なのは、日本人として誇りを取り戻し 掛替えない自国を守る意識だと多くの方に伝わる事を願います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治不信 | トップページ | 説明責任 »

無料ブログはココログ