ニュース

2023年1月13日 (金)

迷子のクジラ

大阪湾の淀川河口に迷子のマッコウクジラが流れ着いて1週間近くが経ちました。最適の生存空間に比べて浅すぎる場所であったせいか、体調もすぐれないようで動きも少なく不安な状況が続いています。もはや手遅れという専門家厦もいるようです。見物人も多く見守っているようですが、手の施しようもないように伝えられます。

マッコウクジラの生態についてよくわかっていないのかもしれませんが、素人考えを申し上げれば、オキアミなど食料になりそうなものを給餌して、沖の方へ誘導することはできないものなのでしょうか。

2021年7月 6日 (火)

土石流

梅雨前線の停滞によりもたらされた豪雨の結果静岡県の熱海で土石流が発生し、大きな犠牲者がでました。発生から3日目の状況では被害者の規模もまだ明らかではありません。

テレビのニュースも現場の生々しい映像を繰り返し流すのみで、原因その他に未だ迫れていないようです。黒い泥水に破壊された家屋に材木が巻き込まれて、猛烈なスピードで流れ下る光景は恐ろしいものがあります。

2021年3月28日 (日)

公文書のミス

最近国会に提出される法案の条文などに誤記が急増しているそうで、野党がかみつき、首相が陳謝する出来事が増えているそうです。公文書を改竄するというような言語道断の事例もあったことを思えば、罪は軽いように思いますが、官僚諸兄の劣化が進んでいるとしたら、看過できることではないでしょう。

最近友人などから誤記のミスを指摘されることの増えた身としては無責任なことは言えませんが、その原因の1つにはパソコンで文章を書くことが増え、自分の経験からの反省を言わせてもらえば、変換ミスに起因するところが多いように思います。

2021年3月26日 (金)

リバウンド

緊急事態宣言が解除されて間もありませんが、リバウンドが懸念されるようになっているようです。首都圏はまだ微増で「懸念」の域と言えるかもしれませんが、関西圏は新規感染者の増加傾向もはっきりしており、リバウンドは避けられそうにありません。ワクチンの注射も始まったばかりで効果を期待するには程遠く、感染拡大を防止するには社会活動を制限する以外に手段がない状況は変わりません。

どういう事態に立ち至ったらどういう対応策をとるという想定がすでにあるなら、広く知らせておくべきではないでしょうか。

2021年3月20日 (土)

事件の真相

どうにも不可解な東北新社の総務省官僚接待疑惑と外資規制違反事件について、先日寝ていてふと1つ思いつきました。早くから違反に気がつき総務省に連絡したと東北新社は主張し、総務省は報告はなかったと全く主張がかみ合いません。そのポイントは子会社に放送権を委譲することがどうして外資規制違反を解消することになるのか、そして総務省がそれを認めたところにあるのではないかというのが僕の思いつきです。

それにしても偽装工作から数年も放っておかれ、接待疑惑の「トバッチリ」で闇取引が明るみにでたら、免許停止になったということは違反状態が解消されていなかったということでしょう。いずれにしても関係者が正直に真相を発表してくれるのを待ちたいと思います。

2021年3月16日 (火)

王室の不和

ここ暫く英王室内での不和が再び取り上げられています。よく事情もわきまえずに意見を言うべきではないと思いますし、肌の色による差別など許されるべきではありませんが、そもそもこの問題には違和感を禁じ得ません。イギリスの王室と言えば世界有数の由緒ある家柄で、さまざまな制約が付きまとうことは覚悟の上でしょう。

生まれる前には称号が与えられなかったとか、身辺警護が着かつかなかったというのは、とくに珍しいことでもなく公に不満を口にするのも憚られるように思います。

2020年9月13日 (日)

暴露本

トランプ大統領をめぐっては身内などからも複数の暴露本が刊行されていますが、今度は著名世界的に著名なジャーナリスト、ボブ・ウッドワードによる18回に及ぶインタビューの記録が近々発刊されるようです。メディアの報道によれば、今年の初めから大統領はブリーフィングを受けて、新型コロナが致死率も高く危険であることを知っていたが、国民に不安を与えパニックを招かないために、わざと「インフルエンザ並み」とか軽く言っていたと語っているそうです。アメリカ国民もなめられたものです。

その判断には説得力がないとも言いませんが、大統領だけの責任ではないとしても、大統領の不適切な判断の結果として、アメリカは世界最悪の感染国になり、20万にも達しようかという犠牲者を生んでいることにはどうやって責任を取るのでしょうか。

2018年1月26日 (金)

白根山噴火

白根山が24日に噴火しました。半世紀前に1度行ったことはあるのですが、草津白根山とか、本白根山とかいくつかあることは知りませんでした。それはともかく、近くのスキー場に行っていた人や訓練中の自衛隊の方が被災されたようです。中でも自衛隊員の方は命を落とされたようですが、噴石が当たったにしても、丈夫なヘルメットをかぶっているはずですから、どうして命に係わる重傷を負われたのか腑に落ちません。

スキーヤーでは骨折程度で済んでいる方もおられるようですので。ひょっとすると、有毒な火山ガスのせいかもしれません。今後の災害に備えて適切な対応をとるためにも、ニュースを報道する人がもう少し細かく真相を追及してほしい気がします。

2017年11月 5日 (日)

報道過剰

またまた常軌を逸した大量殺人事件が発生しました。自殺願望のある若い女性の心の病につけ込んで、個人の野望を遂げるだけの凶悪犯罪に及びました。どうしてこのような非道な犯罪が起こったのか、深く検討されるべきだとは思いますが、テレビなどの報道を見ていますと、興味本位の意味のない報道が多すぎるように思います。今回の事件でネットが死活的な重要性を持っているでしょうが、それを細々とどういうやり取りがあったかなど、詳しく人々に知らせる意味があるとは思いません。

2017年9月23日 (土)

メキシコ地震

メキシコで2週間前に続いて、今度は首都メキシコシティの近郊で大きな地震がありました。恥ずかしながら1985年の同じ日にメキシコで大地震があり1万人が犠牲になったということは記憶しておりませんでした。その大地震を記念して防災訓練が行われていたそうですから、メキシコは日本と並んで地震の多い国だという感を深くします。

日本の大都市も軟弱な地盤のところが少なくないところですが、メキシコシティも地盤は軟弱なようで、今回の地震でも多くのビルが倒壊したのは、地震の大きさもさることながら。この軟弱な地盤が影響していたものともいわれます。生存者の救出も全力で行われているようですが、一人でも多くの人の命が救われるように祈っています。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ